表示内容:一日の加工高が部門毎に横軸に表示され、縦軸に毎日追加されます。毎月指定した締日に集計されたものが記録として残ります。
※粗利の総合計は全体の粗利となります

勤務評価:勤務成果が数字となって現れることにより、就労の励みともなり、実力給導入への大きな足がかりとして有効です。

個人別:オプションで個人別加工高の表示にすることもできます。(この場合は人数に制限があります。)


表示内容:一日の売上とその粗利を得意先別及び担当営業別に表示します。

営業判断:ボタン一つで日毎の売上と粗利が表示されますので、複雑な印刷営業の管理ツールとして役割を果たします。

順位別:顧客別及び営業別で、売上・粗利の順位評価ができます。


表示内容:任意期間で粗利額をグラフ化し、それぞれの部門加工高も同欄に表示されます。また、一度に12期間までが計算でき集計されます。(左図は1ヶ月単位で12ヶ月を指定し、1年毎にPDF保存したものです。)

直感的な判断:売上と粗利の動向が一目で確認でき、また各部門の加工高は受注内容の変化をキャッチし、今後の経営判断に役立ちます。

柔軟な対応:任意期間で計算できますので、必ずしも一ヶ月単位ではなく半端な日数にも対応します。また12期間内でも連続している必要はありません。


表示内容:任意期間の粗利・加工高・直接原価の詳細が表示されます。また、一度に12期間までが計算でき集計されます。(左図は1ヶ月単位で12ヶ月を指定したものです。)

詳細な判断:グラフ表示に比べ、直接原価を含めた詳細な内容が表示されますので、各部門の見直しにも生かせます。

柔軟な対応:任意期間で計算できますので、必ずしも一ヶ月単位ではなく半端な日数にも対応します。また12期間内でも連続している必要はありません。


トップ
 日常の利用 制作と料金について
会社概要 アプトトップ